風邪をひいたら :フルーツトマトとツナのニョッキ

2月 8th, 2012
|

昨夜からまた少し冷え込んでいますが、晴れやかな朝です。

書き物のの締め切りがあるとブログが更新できずで、すみません。また母親が注意を子供から

そらすと偶然かもしれませんが、我が家の姫もお疲れ気味でした。

そんな日は、おけいこもお休みさせて、パジャマでゆったりとすごさせます。

子供も大人も、ゆるりんとした休養の時間が必要のようです。

お姫様はママを独占できてうれしいようです。子供のときにたっぷり、ママを独占するのも

生きていく力の一つのような気がします。

風邪をひいたら、うどんではなく我が家では「ニョッキgnocchi」が登場します。すごい簡単で、保存食にもぴったりです。自分が高熱の時でも簡単に作れますよ〜

 

ジャガイモと小麦粉でできたイタリアの丸いパスタで、木曜日に滋養のあるものやお腹にしっかりとはいるものを食べると言われています。

我が家のご主人様の友人が農園で作ったフルーツトマトをたくさん頂いたところだったので、フルーツトマトとツナのニョッキパスタを作りました。

 

 

 

 

材料:フルーツトマト、ガーリック、ツナ缶、パルミジャーノやカマンベールチーズ、ケチャップ、塩、オリーブオイル、ニョッキ

 

1.ガーリックをスライス、カマンベールチーズは5mmぐらい〜さいころ形に、トマトを半分にカットして、最後の盛りつける分と炒める分に取り分ける。

※カロリー制限の方は、ここでツナ缶のオイルをキッチンペーパーで絞りとる。

2.フライパンにオリーブオイルをたっぷり、ガーリック、ツナ缶、トマトを炒めてからカマンベールチーズをいれてとけるまでまぜる。ケチャップを

まぜながら、完全に火を通す。トマトは勝手につぶれます。

 

 

 

 

 

3.お湯をわかして、沸騰したらニョッキをいれて、浮きあがったら水を切り、2のフライパンにうつす。浮き上がるまでわずか2分ぐらいです。

 

 

上は浮き上がったあとのニョッキ

下は、浮き上がる前のニョッキ

 

4.最後に塩を味を見ながらいれていく。

5.お好みでパルミジャーノを削り、生のままのトマトを盛りつける。

炒めたトマトと生のトマトで、甘みと酸味がお口の中にとろけます。お姫様もパジャマ姿で失礼します〜

インフルエンザが猛威をはなっています。

皆様もお体に気をつけておすごしくださいね。