パンの本:「どこにもないホームベーカリーレシピ」ブランジュリ タケウチ

2月 26th, 2012
|

   晴れ間はありますが、風は冷たい日曜日です。

   最近は、あまから手帖さんのイベントの準備に追われています。

   今日は本のレビューです。長くなります。

   私のホームベーカリー教本の中で

   一番のお気に入りが ブランジュリ タケウチさんの

   「どこにもないホームベーカリーレシピ」です。

   大阪の本町で大人気のパン屋さんとのことですが、

   まだおじゃまはしたことがないです。

しかしこの本はレシピからの再現性があり、

掲載実例のように確実に美味しくできあがります。

ホームベーカリーで

パンを作ると家庭の手料理の域を超えない事が多いのですが、

パン専門店の感じに近いパンが素人にでも出来上がります。

タケウチ氏もはじめに欄に「HBに対するイメージは素人向け、

何度か使ったら飽きてしまう」から、彼の配合で試作すると美味しく

できあがったとのこと。

そして「HBの最大の長所は材料を投入すれば、365日続けられるという事」

とだと書いておられます。まさしく主婦の味方です。

 

忙しいあなたに、栄養をとりたいあなたに、ダイエットをしたいあなたにぴったりです。

国産の粉でもふくれあがる配合で書かれています。

タンパク質の量が国産と外国産では異なるために、国産を使うと膨らますのに苦労します。

つぎほのお菓子も国産の粉ですが、それはもう

粉によってまったく仕上がりが違います。

 

さらに、作り方の写真と解説が、作業工程順に正確に表現されています。

料理やパン作りのコツを親切に書いておられます。

例えばたまごの計量など。多くのレシピ本の場合、工程が省略されていることが多いです。

 

その他に、出来上がったパンの食べ方、多分タケウチ氏の

カフェで出されているであろうクロックムッシュなどの

作り方や、パンが残った時の活用の方法まで書いてあります。

パンの耳をバーニャカウダソースにつける発想は私の中になかったです。

 

お手軽に美味しいパンはp13の「ミルクハース」から応用した

「天然酵母豆乳ハース」です。

牛乳の配合を豆乳に、砂糖を甜菜糖に、ドライイーストを天然酵母に

かえても出来上がります。ただし、豆乳なので 膨らみはかなり低いです。

しっかりとした食感でかつ香ばしさがたまりません。

 

iphoneで白熱灯の下でとったので黄色いですが、実際はもっと茶色いです。

天然酵母豆乳パンの場合、焼き上がったらすぐにHBから

だして粗熱をとってくださいね。余熱でどんどん焼けすぎてしまいます。

 

あと、パンでなくスイーツでしょう!というぐたい美味しいのが、

p39のショコラバナーヌです。

以下は目次です。タケウチ氏のレシピはパナソニック社の

HBですので、他のHBを使う時は仕上がりはかわってきます。

   タケウチ氏のレシピ抜粋はパナソニック社で掲載されています。

本の購入の前にご参考ください。

 

 

どこにもないホームベーカリーのレシピ

 

株式会社柴田書店 発行 2009年12月 1300円

以下目次です。

003はじめに

004基本の焼き方

1.ホームベーカリーでパンを焼く

010 ハードトースト

012ミルクハース

014ライ麦食パン、以下、ブリオッシュ、黒糖食パン、

白ごまと全粒粉のパン、胚芽とはちみつのパン、ラベンダーの

はちみつとアプリコット、みかんとはちみつのピスタチオ、

リコッタチーズと栗のはちみつ…..048とうもろこしとチーズ、パプリカ

2.ホームベカリーのパンを味わう

052TRUCKサンド

054シーザーサラダサンド

055生ハムといちじくのブリオッシュ

057クロックムッシュ……065ブルーベリーのチーズケーキ

3.しっかり食べたい時は…

066 サーモンのブリオッシュロール

068南仏風ツナのサンドイッチ……073洋梨とブルーチーズのトースト

4.パンが残ったら…

074マルゲリータ風トースト

076バーニャカウダ…..079生ハムとリコッタチーズ

5.本書で使用した材料

6.おいしいパンを焼くために

以上です。

 

 

春まじかの冬の休日を手づくりパンでどうぞ。