夏の新商品:フェアトレード ローズtea Organic

5月 30th, 2014
|

「フェアトレード」という言葉をご存知でしょうか。

発展途上国の原料や製品を適正な価格で継続的に購入することを通じ、立場の弱い途上国の生産者や労働者

の生活改善と自立を目指す運動のことをいいます。

つぎほの甘みではこの考え方に賛同し、オーガニックのコーヒー、紅茶などを販売しています。

また、フェアトレードの取扱い会社である「People Tree」のサイトに取扱店として紹介されました。
ここでは取扱商品は「食品」と「チョコレート」となっていますが、順次広げていく予定です。

今回、「有機オーガニック・ローズティー」の取扱いを始めました。

インド、マカイバリ茶園のバイオダイナミック・ダージリン紅茶に天然由来の香りをほのかにのせたフレーバーティー。

リラックスタイムに、大切な方への贈りものにぴったりな贅沢な紅茶です.

暑い時期はアイスティーにしていただくとさらに美味しく召し上がっていただけます。

上品な香りと輝くような色をお楽しみください。

ティーバッグは環境に配慮したとうもろこしの繊維でつくり、香りをより楽しんでいただくため、テトラ型になっています。

【マカイバリ農園】
インド北部のダージリン地方で1840年代から長い歴史を持つ茶園です。
4つの山にまたがり、7つの村からなる約670ha(東京ドーム約145個分)の茶園には、約270haの茶畑と約400haの原生林が共存しています。
4代目のS.K.バナジー氏が茶園を引き継いで以来30年以上にわたり、化学肥料を一切使わない「バイオダイナミック農法」を用いてきました。
ここでは、植物や野生動物たちが互いに調和しあった環境の中、紅茶を栽培しています。
敷地内には、680人のコミュニティーとその家族1,700人が暮らしています。
フェアトレード奨学金で建てられた2つの小学校があり、子どもたちはその小学校に通っています。
(people tree社 HPより引用)

その他にも、無料で診察を受けられる診療所や託児所など、フェアトレードによる奨学金が村人のために役立てられています。