夏だからこそ、体を温める:ジンジャーのお菓子

7月 28th, 2011
|

今日はジンジャーのお菓子の紹介です。
息子を迎えに行くと胃が痛いとのことで座り込んでいました。
新しい環境に慣れないことや冷房で体を冷やしたのでないかと、ドクターにかかるのも大変なので、
早速ショウガを買いに行きました。

ジンジャーという英語は通じたものの紹介してもらったのがこのジンジャーヌガーです。
高知のお土産で生姜飴を頂いたことがある程度だったのですが、食べてみると辛いけど、もう一回食べたい〜のあとは、ほかほかしてきました。

左が砂糖をまぶしたもので、右がヌガーです。

こんなにかわいいジンジャーくんです。

もちろんNatural sweetでgingerpeopleは1980年代に設立されて以来、アメリカで
生姜一筋の会社でした。

http://www.gingerpeople.com/

最後に息子に作った大好きなジンジャージュースのシロップです。神戸にいるときは簡単に薬を買ったり、
なんでもすぐにコンビニでしたが、限られた時間と環境の中では自分で作るしかない〜だけど手作りは手間がかかりますが、
想いがはいっています。

デパートの催事担当の方に、天然酵母のお菓子なんて、手間ひまかかるね〜と言われましたが、スタッフが一生懸命手作りで毎日、皆様にお菓子を届けることができているのが、つぎほのスイーツです。

自家製ハニージンジャージュースのおすすめ:

材料:
・ショウガ      200g
・てんさい糖     100g(三温糖や二温糖でもよい)
・はちみつ      100g
・水          200g

・シナモンスティック 1~2本
・クローブの実    5〜8コ
・ローリエ      1枚
・鷹の爪       1本(子供用はいれない)

・レモン汁      50~100cc
 (さらに大人のジンジャーシロップやを作りたい方は、オールスパ
  イスの固形を使ってください)

作り方:
1.きれいに土をおとして洗ったショウガを、皮をつけたまますりおろします。
 (お好みでスライスのショウガも切っていれれば、食べることができます)
2.鍋に、すりおろした生姜、てんさい糖、はちみつ、水を入れます。さらにシナモンスティック、クローブ、ローリエ、
鷹の爪を 加え、中火で15〜20分加熱します。アクをこまめにとります。
3.粗熱をとり、レモン汁をいれます。
4.煮沸消毒した瓶に茶こしでこしてから、うつします。シロップのできあがりです。スライスのショウガは
 そのまま容器にうつします。
密封容器なら冷蔵庫で1週間から10日間ぐらい持ちます。

炭酸水で5倍に薄めれば、ジンジャーエール、紅茶にいれたり、お湯で割るとホットジンジャー、
ビールで割るとシャンデイカフカクテルの出来上がりです。スライスのショウガは、食べると
よけいホカホカになります。

風邪気味や胃腸が弱っている時、夜に体が冷えて眠りにくいときにホットジンジャーを飲むと
落ち着きます。皆様も、夏こそ、体をあたためてくださいね。